ここでは、チェスの駒の動かし方・ルールを説明していきます。
まず、駒の紹介です。
チェスで使う駒は、下記の6種類です。評価点というのは駒の価値の事です。
駒を取ったり取られたりする時の目安となります。
例えば、ビショップを2つとられてもクィーンをとれば自分が有利という事です。
駒の動かし方は、駒の名称をクリックすると表示されます。
名称 略字 駒の数 評価点
ポーン(Pawn) 8個 1点
ナイト(Knight) 2個 3点
ビショップ(Bishop) 2個 3.5点
ルーク(Rook) 2個 5点
クィーン(Queen) 1個 9点
キング(King) 1個 (4点)
チェスは、以上の駒を使って相手のキングを捕まえると勝つ事が出来ます。
将棋と似たようなルールなのですが、少し違うところもあります。
ステイルメイト
チェス独特のルールで相手の手番の時に打つ手が無い時には引き分けになります
パペチュアル・チェック
駒の増減が無く同じ局面が3回繰り返された時引き分けになります
プロモーション
ポーンが相手のバックライン(1・8列)にたどり着いた時好きな駒に成る事が出来ます
将棋をやっていた人が一番とっつきにくいと思うのは、ステイルメイトだと思います。
将棋の場合は駒を動かせなくなったら負けですよね?
チェスでは、動かせなくなったら引き分けになります。つまり、圧倒的に有利で勝つ寸前の時にうっかり相手を動けなくしてしまうと、引き分けになってしまいます。

もちろんもっといろいろルールがあります。そのうち解説を増やしたいと思います。
 次は駒の並べ方を見てみましょう。チェス盤には置き方が決まっています。
 自分の右下に白マスがくるように置いてください。チェス盤の8×8のマスには呼び名があります。横に左からa〜h、縦に下から1〜8と名前を付けて交差したアルファベットと数字を言うのが一般的です。左下がa1右上がh8となります。
 駒の並べ方は、白の駒は1列に外側からルーク・ナイト・ビショップ、d1にクィーン、e1にキング、2列にポーンを並べておきます。
黒の駒は8列にルーク・ナイト・ビショップ、d8にクィーン、e8にキング、7列にポーンを並べておきます。これで対戦準備終了です。